ここからページが始まります。メニューへジャンプ。
ここから本文です。
現在のページは株式会社TVQ九州放送ホームページ の中の > イベント・シネマ の中の > ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団ニューイヤーコンサート2019
[日時]
2019年1月4日(金)
開場:18:30
開演:19:00

[場所]
福岡シンフォニーホール
(アクロス福岡 福岡市中央区天神)

[リーフレット]
20190104.pdf(17.9MB)

[主催]
TVQ九州放送
 
[協賛]
(公財)アクロス福岡
 
[特別協賛]
日本エコシステム株式会社

 
[後援]
オーストリア大使館、
福岡県、福岡県教育委員会、
福岡市、福岡市教育委員会、
(公財)福岡市文化芸術振興財団  

[お問い合わせ先]
ヨランダオフィス・チケットセンター
TEL:0570-033-337(ナビダイヤル)
※PHS、IP電話の方は 092-406-1771 をご利用ください。
HP:http://www.yolanda-office.com/
ワルツ王ヨハン・シュトラウス2世創設の楽団が贈る
美しく華やかな新年の調べ

演奏曲目(予定)

ヨハン・シュトラウス
2世
喜歌劇「こうもり」序曲
ポルカ・シュネル「そんなに怖がることはない」
ポルカ・マズルカ「女性賛美」
ポルカ・シュネル「浮気心」
皇帝円舞曲
ポルカ・シュネル「山賊のギャロップ」
ワルツ「南国の薔薇」
エジプト行進曲
狂乱のポルカ(ギャロップ風)
ポルカ・シュネル「狩り」
ワルツ「美しく青きドナウ」
ヨーゼフ・シュトラウス
ワルツ「ディナミーデン(秘めたる引力)」
ポルカ・フランセーズ「鍛冶屋のポルカ」
※やむを得ない事情により、曲目が変更になる場合が
 ございます。予めご了承ください。

出演者

■ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団

1844年、弱冠19歳の“ワルツ王”・ヨハン・シュトラウス2世により結成された ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団。 その後オーストリア併合や第2次世界大戦により活動休止を余儀なくされていましたが、 1966年にヨハン・シュトラウス2世の孫であるエドゥアルト・シュトラウスを 初代指揮者に招き活動を再開。 その後もウィーン・フィルのコンサートマスターのボスコフスキーがその名声を引き継ぎ、 現在も真のウィンナ・ワルツを演奏する楽団としてウィーン楽友協会で定期公演を持っています。
■ヨハネス・ヴィルトナー(指揮&ヴァイオリン)

元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリニスト。 サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、 バイエルン放送交響楽団、北ドイツ放送交響楽団、 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、 ウィーン交響楽団などを指揮。 2008年よりウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団への客演で、 ウィーン楽友協会ホールにて好評を博す。 オペラの指揮にも力を注ぎ、 アレーナ・ディ・ヴェローナ「カルメン」、 新国立劇場「こうもり」など各地で大成功をおさめた。
≪チケット料金≫(税込)
・S席…8,500円
・A席…7,500円
・B席…6,500円
・C席…5,500円
※チケット好評発売中


≪プレイガイド≫
・アクロス福岡チケットセンター(10:00〜18:00)
 TEL:092-725-9112

・ヨランダオフィス・チケットセンター(10:00〜18:00)
 TEL:0570-033-337(ナビダイヤル)
 TEL:092-406-1771(PHS、IP電話)

・チケットぴあ
 TEL:0570-02-9999(Pコード:125-525)

・ローソンチケット
 TEL:0570-084-008(Lコード:82283)


≪その他≫
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
(有料託児サービスあり/下記をご参照ください)

≪託児サービスについて≫
託児サービス(生後4ヶ月から小学校入学前のお子様)をご希望の方は、チケットご購入後、2018年12月21日(金)までに下記にお申し込み下さい。
定員になり次第締め切らせていただくことがあります。

○(株)テノ.サポート(月〜金曜日 9:00〜18:00)
フリーダイヤル:0120-8000-29
TEL:092-263-3580
なお、託児料の一部としてお子様一人につき1,000円(消費税込)をご負担いただきます。




本文はここまでです。
本文を読み返す。ページトップへ戻る。上部メニューへ戻る。