未来の主役 地球の子どもたち

次回予告

4月26日(木)夜7時53分
京都「いけばな少年」

京都の先斗町にある自宅で、丁寧に生け花を生けている神戸 眸(かんべ ひとみ)君。眸くんは、1歳頃から花に興味を持ち自分で生けはじめ、自宅兼店舗でもある、うさぎをモチーフにしたアトリエを訪れるお客さんに、目で楽しんでもらおうと作品を飾っている。師事する華道家の辻井ミカ先生の教室で、常に独創的な発想でいけばなと向き合っています。今回、大手百貨店で開催された「ジュニアいけばな展」に初出瓶することに。眸君の表現した作品とは、ビャクシンという針葉樹の枝を、折らない様に曲げて富士山の形を作り上げた眸君の自信作でした。

これまでの放送

4月19日(木)夜7時53分
岡山「インラインスケートの少年」

岡山市に住む柴垣大輝君(しばがき たいき・14)は「インラインスケート」の世界選手権に日本代表として出場しているトップクラスの実力の持ち主。2017年の世界大会では2位を獲得した。大輝君の得意科目は「クラシックスラローム」。音楽に合わせ、地面に置かれたコーンの間をぬうように滑り、表現力や技術力を競うもので、いわば「フィギュアスケート」のようなもの。難易度が高い技を組み合わせて演技を構成していく。大輝君の悩みは現在、「コーチ」がいないこと。技術のレベルアップは全て独学で行っている。先日、行われた「近畿ブロック大会」に参加した大輝君。果たして、その結果は…

過去のバックナンバー