2019年9月19日(木)#20「悠久を照らす光」

ユン・デヒョン率いる反乱軍の先頭には陽明君が立っていた。剣を構え、しばし無言のまま対峙するイ・フォン(王)と陽明君であったが、フォンと共に戦うことを決めていた陽明君は、向き直って反乱軍に斬り掛かる。そこへフォンが密かに配備していた兵がなだれ込み激戦となる。ついにユン・デヒョンは抵抗空しく息絶える。
一方父ユン・デヒョンの謀反を知ったユン・ボギョン(王妃)は…


2019年9月18日(水)#19「命尽きるとも」

8年前の陰謀が暴かれつつあることを察知したユン・デヒョンは、陽明君を立てて謀反の計画を練る。一方、自分の存在が危うくなったと感じたユン・ボギョン(王妃)は呪術でヨヌの命を絶とうとする。その頃、ホ・ヨム(儀賓)のもとに謎の文が届く。そこにはミナ王女の過ちが暴露されていた。真実を知ったヨムは…


2019年9月17日(火)#18「反逆のささやき」

8年の歳月を経てようやく向き合うことができたイ・フォン(王)とヨヌは幸せを感じていた。その一方で、フォンはすべての真相を明らかにすべくホン・ギュテに密旨を下す。そんなフォン側の動きを探っていたユン・デヒョンは大王大妃を動かし、フォンに脅しをかける。
真相に近づきつつあるフォンたちだが、陰謀に関わっていたのは…


2019年9月16日(月)#17「ひとつになる時」

イ・フォン(王)はウォルがホ・ヨヌであることを知り、彼女のもとを訪れるが、2人はそこでユン・デヒョンが送った刺客に襲われる。フォンとヨヌは陽明君とウンゴムに助けられるが、陽明君が腕にけがを負い、代わりにフォンが刺客に立ち向かう。そのすきに陽明君はヨヌの手を取りその場を逃げ出す。行き先を問うヨヌに陽明君は黙したまま二人は走り続ける。一方刺客を振り払ったフォンとウンゴムは、ヨヌと陽明君を追うが…


2019年9月13日(金)#16「真実に落ちる涙」

「ヨヌを忘れることができるか?」と陽明君に詰め寄られ、イ・フォン(王)は返す言葉もなく陽明君を見つめる。ちょうどその頃、ヨヌ(ウォル)はユン・ボギョン(王妃)に、顔が見たいと呼び出されていた。ヨヌの顔を見たボギョンは動揺を隠せない。ボギョンのもとを辞したヨヌは誘われるように隠月閣へ。世子嬪のころを懐かしみ明かり取りの扉を開けると、そこには…



本文はここまでです。
本文を読み返す。ページトップへ戻る。上部メニューへ戻る。