ここからページが始まります。メニューへジャンプ。
ここから本文です。
現在のページは株式会社TVQ九州放送ホームページ の中の > イベント・シネマ の中の > マリインスキー歌劇場管弦楽団
[日時]
2019年11月28日(木)
開場:18:30
開演:19:00

[場所]
福岡シンフォニーホール
(アクロス福岡 福岡市中央区天神)

[リーフレット]
20191128.pdf(3MB)

[主催]
TVQ九州放送
福岡県
福岡市
(公財)アクロス福岡
(公財)福岡市文化芸術振興財団
 
[協賛]
(公財)アクロス福岡
 
[後援]
福岡県教育委員会
福岡市教育委員会
 

[お問い合わせ先]
アクロス福岡チケットセンター
TEL:092-725-9112
(10:00〜18:00)
HP:https://www.acros.or.jp/
現代のカリスマ、ゲルギエフが贈る
オール・ロシア・プログラム。

演奏曲目(予定)

ショスタコーヴィチ
交響曲 第5番
チャイコフスキー
ヴァイオリン協奏曲
ほか
※曲目・出演者は都合により変更になる場合があります。

出演者

■ワレリー・ゲルギエフ(芸術総監督、首席指揮者)
Valery Gergiev, Artistic and General Director


 マリインスキー劇場芸術総監督、首席指揮者。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者。チャイコフスキー国際コンクール組織委員会委員長。PMF芸術監督。
「白夜の星」音楽祭、ロッテルダム・ゲルギエフ音楽祭(オランダ)、モスクワ復活祭音楽祭などの音楽祭を創設し、芸術監督、音楽監督として活躍。
マリインスキー劇場において数多くの世界的な名歌手を育成し、音楽界に送り出してきた。その采配のもとで同劇場はオペラおよびバレエのレパートリーを大きく広げ、現在では18世紀から20世紀までのクラシックの傑作をはじめ、現代作曲家の作品にいたるまで、幅広いレパートリーを誇っている。
06年には、火災に遭ったマリインスキー劇場アトリエ兼倉庫の跡地に新しいコンサートホールが完成。2013年にはマリインスキー劇場新館(マリインスキー2)がオープンした。これによりマリインスキー劇場は、ロシア国内では初となる、劇場とコンサートホールを併せ持つ複合施設へと生まれ変わったのである。
ゲルギエフは07年〜15年までロンドン交響楽団の首席指揮者を務めたほか、近年は、メトロポリタン・オペラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、ミラノ・スカラ座管弦楽団などと共演している。
■マリインスキー歌劇場管弦楽団
The Mariinsky Orchestra


 マリインスキー歌劇場管弦楽団は、18世紀のピョートル大帝在位中に創設され、以来ずっと、サンクトペテルブルグの地で、世界に名だたるマリインスキー劇場を拠点として活動している。これまでに数多くの世界的音楽家がこのオーケストラを指揮しており、ハンス・フォン・ビューロー、アルトゥール・ニキシュ、ウィレム・メンゲルベルク、オットー・クレンペラー、ブルーノ・ワルター、エーリヒ・クライバーや、ベルリオーズ、ワーグナー、マーラー、シェーンベルクなど、錚々たる顔ぶれが並んでいる。
 同楽団は、チャイコフスキーのオペラとバレエ、グリンカ、ムソルグスキー、リムスキー=コルサコフのオペラ、ショスタコーヴィチ、ハチャトゥリアン、アサフィエフのバレエの世界初演を手掛けている。
 ソ連時代はキーロフ歌劇場と呼ばれていたが、オーケストラの輝かしい伝統は、ウラディーミル・ドラニーシュニコフ、アリ・パゾフスキー、エフゲニー・ムラヴィンスキー、コンスタンチン・シメオノフ、ユーリ・テミルカーノフなどの指揮者によって受け継がれていった。
 そして、1988年からはワレリー・ゲルギエフが同楽団を率いている。ゲルギエフのリーダーシップにより、マリインスキーは、メトロポリタン・オペラ、ケネディ・センター、英国ロイヤル・オペラ、サンフランシスコ・オペラ、パリのシャトレ座とシャンゼリゼ劇場、ザルツブルク音楽祭、エジンバラ国際フェスティバル、ミラノ・スカラ座など、世界最高峰のオペラハウスや劇場で公演を行うようになった。
 またゲルギエフの指揮のもとマリインスキー歌劇場管弦楽団は、現在、世界中の一流の舞台で管弦楽作品を演奏している。
■五嶋 龍(ヴァイオリン)
Ryu Goto,violin


 7歳でパシフィック・ミュージック・フェスティバルにて、パガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番を演奏し楽壇デビュー。幼い頃から「五嶋龍のオデッセイ」はじめ多くのメディアで取り上げられ、JR東日本のイメージボーイや「題名のない音楽会」の司会などで注目を集める。今日その活動は世界屈指の芸術家たちとの演奏活動にとどまらず、現在の演奏家の使命である社会福祉として、『五嶋龍 “Excellence In Music”(音楽優秀賞)』 を通じて公立高校生に奨学金を授与する活動に加え、教育・国際文化交流・社会貢献活動をグローバルに展開し、現地の人々・子供たちに夢を与え続けている。また2017年後半には日本各地の学生オーケストラとの共演、リサイタルでproject R“拉致被害者を忘れない。”の啓発、チャリティー・コンサートを企画・出演し、社会への発信力・求心力を発揮している。
 今シーズンのハイライトとしては、2019年12月にワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団の日本ツアーのソリストを務める。
 録音はドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、ユニバーサルクラシックスよりリリース。使用楽器は日本音楽財団より貸与された1722 年製のストラディヴァリウス「ジュピター」。ハーバード大学(物理学専攻)卒業。上海大学名誉客員教授。公益社団法人日本空手協会参段。日英仏中語が堪能。ニューヨーク生まれ・在住。
(2019年6月現在)
公式ウェブサイト:https://www.ryugoto.com/
Twitter:@RealRyuGoto
≪チケット料金≫(全席指定・税込)
・GS席…22,000円
・S席…20,000円
・A席…18,000円
・B席…16,000円
・C席…14,000円(学生券7,000円)


※チケットは8月25日(日)より一般発売


≪プレイガイド≫
・アクロス福岡チケットセンター(10:00〜18:00)
TEL:092-725-9112
HP:https://www.acros.or.jp/

・チケットぴあ
 TEL:0570-02-9999(Pコード:139-936)
 HP:https://t.pia.jp/
※セブン-イレブンチケットでも購入可能
・ローソンチケット
 TEL:0570-084-008(Lコード:82628)
 HP:https://l-tike.com/
※ローソン、ミニストップでも購入可能

≪その他≫
※小学校入学前のお子様の入場はできません。
(有料託児サービスあり/下記をご参照ください)

≪託児サービスについて≫
託児サービス(生後4ヶ月から小学校入学前のお子様)をご希望の方は、チケットご購入後、公演前日(土・日・祝日は受付を行いません。)までに下記にお申し込み下さい。
定員になり次第締め切らせていただくことがあります。

○(株)テノ.サポート(月〜金曜日 9:00〜18:00)
フリーダイヤル:0120-8000-29
TEL:092-263-3580
※ご利用無料




本文はここまでです。
本文を読み返す。ページトップへ戻る。上部メニューへ戻る。