店舗紹介

2016年12月17日

ご当地の魅力がぎっしり!
驚き缶詰ビジネス その舞台裏とは!!

熊本地震が起こり、非常食として見直されている缶詰。いま九州で、常識をくつがえす驚きの缶詰が次々と生まれている。福岡市の明太子メーカーは、冷凍・冷蔵保存が常識の明太子を缶詰にした。これまでに10万缶が売れるほどのヒット商品に成長。宮崎県の漬物メーカーは、試行錯誤の末、何とたくあんを缶詰に。さらに長崎県では特産の高級ブランドさばを缶詰にし、ふるさと納税の返礼品に使っている。長期保存が可能な缶詰にすることで、ギフト需要や海外販売を狙う各メーカー。ご当地の魅力をぎっしりと詰めた缶詰の開発舞台裏をリポートする。
GYAOストアで配信中(有料)



本文はここまでです。
本文を読み返す。ページトップへ戻る。上部メニューへ戻る。