店舗紹介

2017年4月15日

熊本地震1年 手塩にかけた蜂が…
日本の農業を支える熊本・養蜂業者 苦闘の1年

熊本県八代市で養蜂を手掛ける西岡養蜂園。農業に使われる受粉交配用ミツバチを生産する国内有数の企業だ。1年前の熊本地震で、益城町や山都町の巣箱が倒壊。多くのミツバチを失ったうえ、6月の豪雨でも甚大な被害を受けた。西岡養蜂園は夏場に北海道でミツバチを育てるが、8月、北海道でも台風被害に遭う。「30年築きあげてきた資産を半年で失った」と話す西岡千年社長。この逆境をどう乗り越えたのか、舞台裏をリポートする。

GYAOストアで配信中(有料)


本文はここまでです。
本文を読み返す。ページトップへ戻る。上部メニューへ戻る。