店舗紹介

2017年8月19日

日本の鉄道を支える九州のものづくり!
あくなき技術の追求
レールに光る職人魂に迫る!!

日本の鉄道を支える九州のものづくりを特集する。安川電機のグループ会社・安川コントロール(福岡県行橋市)は「ベスタクト」と呼ばれる製品で新幹線を支えている。ベスタクトは産業用のスイッチ。新幹線の車両情報制御や戸閉め保安装置、自動列車停止装置などに使われ、そのシェアは何と100%だ。北九州市門司区の九州鉄道機器製造は鉄道部品をつくり続けて80年という老舗。レールを切り替える「分岐器」分野では国内有数のメーカー。製造現場には職人の技が今も息づく。日本の鉄道をより速く、より快適にする九州のものづくり。その熱い舞台裏をリポートする
GYAOストアで配信中(有料)



本文はここまでです。
本文を読み返す。ページトップへ戻る。上部メニューへ戻る。