作った自分が感動できる番組でなければ、
観た人を感動させることはできない。
山﨑 香奈

山﨑 香奈

WORK

より多くの視聴者に情報を伝えたい

実は学生時代にTVQの番組で学生リポーターをしたことがあったんです。もともと放送業界志望でしたが、実際に放送に至るまでに、たくさんの人の手がかかっているのを目の前で見たことで、思いは強くなりました。大学卒業後は、別の地方局で働いていたんですが、地元佐賀に近い福岡で、より視聴者の多い地域で情報を伝える仕事をしたいと思い転職を決意。学生リポーターをしていたTVQで働くことになり、なんだか縁を感じています。

pic

MY EPISODE

少数精鋭のスタッフが作る、
こだわりのある番組に惚れる!

今は報道部の記者として、事件・事故、裁判を主に担当。「暮らしと経済」というTVQのニュースが目指す視点を大切にしています。切り口を変えなければ「暮らしと経済」になりません。でも、そこが難しい。先輩方はそこに長けていて、その情報とこの情報をくっつけるのかとか、そこに取材するのかと思うことがよくあります。その点が、オーソドックスなやり方で、ニュースの尺もあって、スタッフの人数もいる局とは違います。TVQは少数精鋭で、それぞれが個性やこだわりを持って独自目線のくっきり見える番組を作っています。私自身、そこに惚れ込んで中途採用でTVQを目指したんですよ。

pic
pic

VISIONS

「自分が感動できるもの」を作っていきたい

九州北部豪雨では、被災した企業を時間をかけて追った特集を放送しました。番組を見てくれた取材先の社長から「また頑張ろうと思います」とメールをいただいたときは、うれしかった。普段は一方的に発信することが多いですが、直接、感想をいただけるのもこの仕事の魅力です。この仕事をしていて思うのは、「自分が感動できるもの」を作れたときに達成感が大きいということ。作った自分が感動していないとしたら、それは納得のいく作品に仕上がっていないのかもしれませんし、視聴者を感動させることはできません。それから以前、「ニュースはわが子」と教わりました。取材で出会った時から、電波に乗せて世の中に送り出すまで、しっかり見届けなさいと。これからも自慢のわが子を送り出して、自分でも感動したいですね。

pic

PRIVATE

楽しむことも健康管理の1つ。
だから、オフも充実させる

就職活動を振り返ると、仕事と趣味についての質問に「仕事が趣味でも構いません!」という熱い思いを話す人がいました。でも、当時から私は「フィフティー・フィフティーで」と答えていました。でも、実際に働いてみると、ずっと仕事ばかりなんて無理です。仕事も生活もどちらも充実していないと楽しくありません。オフがあるから、オンの良さに改めて気づくこともできますしね。それに、働く人にとって何よりの資本は「健康」です。しっかり休んだり、楽しむことも健康管理の1つと思えば罪悪感もないですよ。 今後はテレビ局で働いているからこそ、マルチプレイヤーを目指します。今は番組を作る現場にいますが、他に様々な部署があるので、全体を把握できるようになりたいですね。

pic

糸島の人気撮影スポット。

pic

友人との大阪旅行(大仙古墳という渋いセンスですが…)。

SCHEDULE

ある1日の流れ

SCHEDULESCHEDULE