中国ドラマ「水滸伝 All Men Are Brothers」

INTRO

構想10年、総製作費55億円。
『三国志』と並ぶ歴史スペクタクルの至宝『水滸伝』が
空前のスケールと最高のクオリティで、
遂に完全映像化!!
集結せよ──天命に導かれし108人の英傑たち 
約束の地“梁山泊”へ

完全映像化を待ち望まれた物語が
破格のスケールで満を持して降臨

『三国志演義』(さんごくしえんぎ)『西遊記』(さいゆうき)とともに“中国三大名著”に数えられる『水滸伝』(すいこでん)。時は北宋(ほくそう)末期、天命に導かれ、湖畔の要害“梁山泊”(りょうざんぱく)へ集いし108人の好漢(こうかん)たち。武勇と智略に秀でた彼らは忠義の精神に則り、“替天行道”(たいてんこうどう)(天に替わり道を果たす)の旗の下、私欲の限りを尽くす悪辣な奸臣(かんしん)との戦いを繰り広げる――。激動の時代を生き抜く知恵と勇気が凝縮された、このアウトローたちのストーリーは明の時代に創作され、何世紀もの間、中国、日本、そして世界で愛され続けた傑作活劇の金字塔である。これまでも小説やドラマ、漫画、映画、舞台、ゲームへ取り入れられ、熱狂的なファンを生み出した、その深遠にして壮大なる一大サーガを、全86話のボリュームで完全実写化!
歴史スペクタクルドラマ『水滸伝』は、北京如意吉祥影視策劃有限公司と中国山東電視台が、10年もの構想期間を経て、『三国志 Three Kingdoms』(2010)の25億円を大きく上回る、55億円もの巨額を投じて共同製作。中国山東省(さんとんしょう)に梁山泊を含めた大規模な専用のロケ地(現在は『水滸伝』のテーマパークとして人気の観光スポットに)を築き、撮影用に15隻もの宋代の軍用船が建造されるなど、大ヒット映画『レッドクリフ』('08)の規模をも超えたと話題を集めている。まさしくアジアドラマ史上、規格外のスケールで実現した“21世紀最高のエンターテイメント大作”なのだ。

豪華スタッフ&キャストによって
108人の好漢が欠くことなく活躍

この破格の大作を手掛けたのは、武侠アクション『射雕英雄伝』('02)、『封神演義』('07) などを世に送り出し中華時代劇界屈指の監督、ジュ・ジャオリァン。好漢に扮する役者陣も、108人の頂点に立つ総頭領・宋江(そうこう)役のチャン・ハンユー、宋江の兄貴分・晁蓋(ちょうがい)役のレイ・ロイらベテランから、 “豹子頭”林冲(ひょうしとう りんちゅう)役のフー・トン、“浪子”燕青(ろうし えんせい)役のイェン・クァン、“行者”武松(ぎょうじゃ ぶしょう)役のチェン・ロンらイケメンが勢揃い! 女優陣は、魔性の女・潘金蓮(はんきんれん)役にトップモデルとしても活躍の新星、ガン・ティンティン、皇帝の寵愛を受ける李師師(りしし)役に台湾出身のアン・イーシュアンら絶世のアジアン・ビューティが次々登場! 映画『君さえいれば 金枝玉葉』('94)でブレイクしたアニタ・ユンも林冲夫人役で出演する。そして、最も特筆すべきは、108人の好漢全員が欠くことなくキャスティングされたことだろう。より現代的な考証を重ねたシナリオは、それぞれに信念、苦悩を背負った好漢の生きざまが丁寧に綴られ、毎回見応えある物語で観る者の心をつかむ。謀略による挫折、不条理な悲劇の連鎖、縺れ合う男女の愛憎、親子兄弟の離別、拳を合わせた義兄弟の契り――。幾重ものエピソードを経て、好漢が梁山泊へ次々集う展開は、まるでロールプレイングゲームのようにドラマチック。108人がついに揃うクライマックスは、映画のスケールでも収まりきらず、同時に従来の連続ドラマを凌駕する、『水滸伝』でしか味わえない感動と興奮、そしてカタルシスに溢れている。
もちろん剣に槍、棒、弓矢、拳、さらには陸上、水上の大合戦と、『水滸伝』の魅力たる激闘も、多彩なアクションと最新デジタル技術をもって映像化。流麗にして血が滾(たぎ)るバトルの連続に観る側もエキサイトしていく。
中国では2011年に放送され、話題を独占した『水滸伝』(原題『新水滸傳』)は、ドラマとアクションの両輪で最高水準の映像を生み出し、小説などで慣れ親しんだ中高年世代のみならず、若者をも魅了。香港、台湾などでも高視聴率を記録し、韓流ドラマよりもクセになる面白さと、多くの『水滸伝』中毒者を生み出したほど。
中国内のTV賞を総なめにしたエンターテインメント大作は、政治・経済共に混沌とした日本に、仲間を思いやり、義を重んじる精神の大切さをダイナミックに訴えかける!

STORY

あらすじ

時は北宋末期。私欲の限りを尽くす高俅ら奸臣によって朝廷は腐敗し、民の生活は苦しくなる一方だった。こうした世に抗うとする英傑たちが、天命に導かれるように湖畔の砦“梁山泊”へやって来る。高俅(こうきゅう)に罪を着せられ、妻と引き離された林冲(りんちゅう)、私財を騙し取られた父娘を助け、お尋ね者となった魯智深(ろちしん)、民から奪った金品を献上しようとする役人から取り戻す晁蓋(ちょうがい)と呉用(ごよう)、そんな彼らを束ねていく忠義の士・宋江(そうこう)……。武勇と智略に秀でた英傑たちは、それぞれに降りかかった悲劇や試練を乗り越えていく。宋江が掲げた“替天行道(たいてんこうどう)”(天に替わり道を果たす)の旗の下、梁山泊に108人の英傑が集結したとき、高俅との、未来をかけた本当の戦いが始まる!

制作:2011年 中国/日本語字幕放送・全86話

CAST

■ Character

  • 宋江(そうこう)

    綽名:及時雨(きゅうじう)、呼保義(こほうぎ)

    108星の好漢の頂点に立つ誰よりも兄弟を重んじる忠義の士

    字は公明(こうめい)、山東の地主の子として生まれ、鄆城県(うんじょうけん)で押司(おうす)(書記)を務めていた。義篤く弱きを助け、窮状に瀕する者への援助を惜しまぬ姿勢から、“及時雨”(恵みの雨)の綽名で知られていた。妾の閻婆惜(えんばしゃく)を誤って刺殺し江州(こうしゅう)へ流刑に。その途上、武松(ぶしょう)、王英(おうえい)、戴宗(たいそう)、李逵(りき)、張順(ちょうじゅん)らの知己を得る。だが、謀反の詩を記したとして死刑に処せられる寸前、梁山泊の好漢たちに救われる。大勢の好漢を引き連れ梁山泊入りし、晁蓋(ちょうがい)亡き後は総頭領として108星を集め、招安を目指す。

    チャン・ハンユー

    1964年12月19日生まれ。北京市出身。高校卒業後、中国煤鉱文工団話劇団を経て中央戯劇学院で演技を学ぶ。卒業後は同劇団に戻り声優となるが、07年に長年の友人だったフォン・シャオガン監督が『戦場のレクイエム』(’07)で主役に抜擢。以後は『風声』(’09)、『孫文の義士団』(’09)などの大作に出演し、遅咲きの演技派として注目を集めている。

  • 林冲(りんちゅう)

    綽名:豹子頭(ひょうしとう)

    願うは、奸臣・高俅への復讐のみ。無双の棒術で悪を叩く希代の武人

    北宋八十万禁軍(きんぐん)(近衛軍)の棒術師範。豹のごとき精悍な容貌で一丈八尺の蛇矛(だぼう)を操る武芸者で愛妻家。その妻を巡る騒動を端に、太尉・高俅(こうきゅう)と同僚・陸謙(りくけん)に陥れられ、謀反の罪で滄州(そうしゅう)へ流刑に。配流地でも高俅の魔手が迫り、堪忍袋の緒が切れ討手と陸謙を殺して逃亡の身に。やがて柴進(さいしん)の仲介で梁山泊に入るが、頭領・王倫(おうりん)に疎まれ冷遇される。その後、晁蓋たちの入山にも難色を示した王倫を殺め、晁蓋を新たな統領として迎えた。梁山泊では“五虎将”(ごこしょう)の一人となる。

    フー・トン

    1969年6月19日生まれ。カヌー選手として活動後、186cmの長身を活かしモデルに。スチールとショーで活躍、99年にはモデルコンテストでの入賞も果たしている。その後、歌手・俳優としても活動し、『鹿鼎記』(’08) などに出演。ドラマ『真情告別』(’02)では、日本でも活躍する実弟フー・ビンと共演した。また、本作の挿入歌「自從你走後」を歌っている。

  • 呉用(ごよう)

    綽名:智多星(ちたせい)

    晁蓋、そして宋江に付き従い梁山泊を智略で支えた立役者

    1字は学究(がくきゅう)。山東の東渓村(とうけいそん)に隠棲する書生。同村の名主・晁蓋の友人で、巧みな計略で生辰綱(せいしんこう)(宰相への誕生祝い)強奪を成功に導いた。晁蓋に従い梁山泊入山後は“智多星”と呼ばれ、公孫勝とともに軍師として活躍する。盧俊義(ろしゅんぎ)、朱仝(しゅどう)といった好漢たちを梁山泊入りさせた際には、相手を窮地に追い込んで無理矢理に逃亡者へ仕立てるなど悪辣とも言える計画を立てることも。その一方、宋江を救うために書かせた偽手紙で印鑑を取り違えるなど意外と失策も多い。

    リー・ゾンハン

    1976年11月07日生まれ。9歳で諸葛孔明の子供をドラマで演じ、以後、バレエ団、中央戯劇学院表演系を経て本格的に俳優業へ進出する。90年代後半から人気を博し、ドラマ『画皮 千年の恋』(’10)、ジョン・ウー製作の映画『レイン・オブ・アサシン』(’10)、ドニー・イェン共演の『関雲長』(’11)に出演。歌手としても活躍している。

  • 魯智深(ろちしん)

    綽名:花和尚(かおしょう)

    鉄拳と禅杖で悪しき者を次々粉砕。豪放磊落にして酒好きの巨漢和尚

    本名は魯達(ろたつ)。“花和尚”(入れ墨の坊主)とも呼ばれる。元々は渭水経略(いすいけいりゃくふ)府で提轄(ていかつ)を務めていたが、旅芸人の父娘を苦しめる地元の顔役・鎮関西を義憤にかられ撲殺。お尋ね者となり逃亡中、出家を薦められた。大相国寺(だいしょうこくじ)で菜園番をしていた際、同じ師を持つ林冲と偶然知り合い義兄弟に。その後、楊志(ようし)と二竜山の山賊を討ち首領となり、官軍との戦いを重ねていく。六十二斤(きん)の禅杖(ぜんじょう)を武器に大暴れする。豪快な性格の巨漢で、無類の酒好きだが、ある出来事から酒を断つ。

    ジン・ソン

    1973年10月28日生まれ。幼少の頃から水泳を得意し、’79〜84年まで雲南省体工隊に所属。32回の省優勝と18回の省記録更新を果たす。88年から近代五種の選手となり、全国大会で優勝。96年から俳優として活躍し、テレビドラマのほか映画『画皮 あやかしの恋』(’08)、『ラスト・ソルジャー』(’10)などに出演している。

  • 晁蓋(ちょうがい)

    綽名:托塔天王(たくとうてんのう)

    梁山泊の礎を築いた義侠心溢れる好人物

    “托塔天王”の異名をもつ鄆城県東渓村の保正(ほせい)(名主)。義に篤く、好漢に慕われる人柄で、領民の徴税による調度品=生辰綱の強奪をもちかけられ、呉用、阮(げん)三兄弟らと輸送隊を襲う。その後、宋江の助けで官憲の追手から逃れ梁山泊へ。王倫排斥後、頭領となり忠義の集団を率いる。だが、曾頭市(そうとうし)討伐の際、毒矢を受け戦死し、108星の守護神として祭られる。

    レイ・ロイ

    1956年12月22日生まれ。香港の俳優。『絢爛たる一族〜華と乱〜』('12)、『劉邦の大風歌-漢建国記-』('09)などに出演。

  • 武松(ぶしょう)

    綽名:行者(ぎょうじゃ)

    人喰い虎も素手で打ちのめす。兄思いの強く、優しき武術の達人

    酒を飲むほど強くなると豪語する拳法の使い手。虎退治の手柄で陽谷県の都頭となるが、兄・武大(ぶだい)を毒殺した潘金蓮(はんきんれん)へ報復。その後、孟州(もうしゅう)へ流刑となり途中、孫二娘(そんじじょう)、張青(ちょうせい)と義兄弟に。配流地で彼を陥れた蒋門神(しょうもんしん)を殺し、お尋ね者となるが、孫二娘の薦めで“行者”に扮装し二竜山へ逃亡。梁山泊では歩兵軍頭領となり、方臘(ほうろう)戦では片腕を失う激闘を見せる。

    チェン・ロン

    1976年7月24日生まれ。上海出身。中国の俳優。『楊家将伝記 兄弟たちの乱世』('06)などに出演

  • 燕青(えんせい)

    綽名:浪子(ろうし)

    主人のためなら命を投げ打つ!文武に秀でた梁山泊の美青年

    梁山泊の中では年少の好漢。“浪子”(伊達男)の綽名の通り、痩身色白の美少年で、全身に入れ墨が彫られている。諸芸百般に秀でるほか、弩(ど)と相撲の達人。孤児だったが北京大名府(ほっけいたいめいふ)の盧俊義(ろしゅんぎ)に拾われ育つ。盧俊義の妻が使用人・李固(りこ)と密通し盧家を乗っ取ると、梁山泊の助けを借りて主人を救出。その後、盧俊義とともに梁山泊に入り、主人への忠節を貫く。

    イェン・クァン

    1979年01月24日生まれ。銀都芸術学校を経て上海戯劇学院へ。在学中からテレビドラマで主要な役を演じる。卒業後、中国国家話劇院に所属し若手スターとして人気を集める。ドラマでは時代劇への出演も多く“時代劇で一番の美男子”との評も。本作のほか『隋唐演義』、『傾城の皇妃』にも出演し話題を呼んだ。歌手としても活躍中。

  • 楊志(ようし)

    綽名:青面獣(せいめんじゅう)

    屈強な好漢と、次々互角に戦う。武芸に突出した実力を持つ男

    顔の青アザから“青面獣”と呼ばれる。宋の英雄・楊業(ようぎょう)の子孫で、若くして武科挙(ぶかきょ)に合格。だが花石鋼(かせきこう)(造園に用いる銘木や奇石)の輸送、さらに生辰鋼の輸送に相次いで失敗し、山賊に身を落とす。魯智深や曹正(そうせい)と意気投合して二竜山に割拠し、一大勢力を築く。武芸十八般に秀でて、林冲や索超(さくちょう)と引き分けるなど108星随一の実力を持つ。

    ガオ・フー

    1979年01月24日生まれ。上海出身。中国の俳優。

  • 李逵(りき)

    綽名:黒旋風(こくせんぷう)、鉄牛(てつぎゅう)

    歯向かう者は二丁の斧で次々なぎ倒す。黒き疾風の如き暴れん坊!

    二丁の斧を疾風のように操る色黒の巨漢。元は沂水県(ぎすいけん)出身の農民で、喧嘩で人を殺し逃亡、江州の牢役人だった戴宗の子分となる。江州へ配流された宋江と知り合い、その人柄に惚れ込み、黄文炳(こうぶんへい)により斬首寸前だった宋江と戴宗を、晁蓋らとともに救う。その粗暴さゆえ、たびたび騒動を起こす、所謂トラブルメーカーだが、根は子供のように純朴で、母親思いである。

    カン・カイ

    1972年3月1日生まれ。中国の俳優、スタントマン及びアクション監督。北京市出身。身長184cm、体重118kgという体格を活かして、『三国志 Three Kingdoms』('10)張飛役、『項羽と劉邦 King's War』(’12)樊噲役など、中国史上に名高い豪傑を多数演じている。

  • 潘金蓮(はんきんれん)

    その美しさが悲劇を招く。好漢を惑わす妖艶な女性

    武松の兄・武大の妻で絶世の美女。元は清河県(せいかけん)の富豪の使用人だったが、主人の誘いをはねつけてしまい、醜男の武大に嫁がされる。武大とは貧しくも平穏な生活を送っていたが、武松の逞しさに惹かれ、思いを告げた結果、武松に叱責される。やがて、西門慶(さいもんけい)に言い寄られ、不倫の仲に堕ちたことから、武大、そして彼女自身に悲劇が襲う。

    ガン・ティンティン

    1986年02月05日生まれ。モデル活躍を経て05年以降、女優業へ進出。中国=ベトナム合作映画『河内、河内(ハノイ、ハノイ)』で、ベトナムの映画賞“ゴールデン・カイト賞”最優秀女優賞を受賞。本作以後、時代劇を中心に年間5本ほどのペースでドラマへ出演する。このほか、2012年資生堂の中国エリアイメージモデルを務めた。

  • 柴進(さいしん)

    綽名:小旋風(しょうせんぷう)

    数多くの好漢たちを救った胆力と度量を備えた名士

    北宋のひとつ前、後周王朝の末裔。宋の太祖(たいそ)から丹書鉄券(皇室の保護を受ける証書=鉄札)を与えられている。気品と度量を併せ持ち、広く名が知られた。林冲や宋江、武松、李逵も彼の食客となり、李逵が高唐州(こうとうしゅう)の知府・高廉(こうれん)の義弟を殺した際、高廉に捕われ殺されかけるが、梁山泊軍に救出され、そのまま梁山泊の会計・備蓄を司る立場に。

    ホアン・ハイビン

    1973年7月23日生まれ。中国の俳優。ドラマへの出演を中心に活動する人気俳優。『則天武后〜美しき謀りの妃』(’11)『龍珠伝 ラストプリンセス』('17)などに出演。

  • 公孫勝(こうそんしょう)

    綽名:入雲竜(にゅううんりゅう)

    人知を超えた道術は真か?それとも偽りか?108星集結の宿命を司る道士

    108星の伝説を語り歩く道士。仙人・羅真人(らしんじん)に道術を学び、“一清道人”(いっせいどうじん)の道号を得て、天候を操り、竜や大鵬を呼び寄せると言われる。晁蓋、呉用と共に行動し、梁山泊へ入山。八卦陣(はっけじん)を敷いた高唐州との合戦では軍師として陣形を破る策を講じるなど、梁山泊の危機を何度も救う。道士ながらも俗気があり、老いた母や師を案じるなど孝行な一面も見せる。

    ジン・ガンシャン

    1967年4月24日生まれ。80年代後半に歌手デビューし、90年に映画へ進出。2,000年以降から『シルクロード英雄伝』(’03)など、ドラマで重要な役を演じる機会が増え、09年には華誼兄弟のマネジメント部門と契約。近年はドラマ『離婚協議』、映画『鬼子又来了』、『1分16秒』へ出演。また、本作では主題歌「兄弟無數」を歌っている。

  • 扈三娘(こさんじょう)

    綽名:一丈青(いちじょうせい)

    武勇で、好漢とも渡り合う梁山泊の麗しき女将軍!

    独竜岡(どくりゅうこう)の扈家(こけ)の美麗な令嬢。だが、武芸を嗜み、酒を好むなど男勝りな面を持ち、女将軍として一軍を率いる。同盟を結ぶ祝家荘(しゅくかそう)が梁山泊と対峙した際、彼女を侮った王英を捕らえ、宋江を追い詰めるが、林冲には敵わず捕虜に。その後、王英の妻となり梁山泊へ身を寄せた。北京大名府での戦いで、顧大嫂(こだいそう)、孫二娘とともに活躍する。

    リウ・シャオシャオ

    1990年3月28日生まれ。『隋唐演義 〜集いし46人の英雄と滅びゆく帝国〜』(’13)などに出演。

  • 花栄(かえい)

    綽名:小李広(しょうりこう)

    弓と知略で無敗を誇る平和を重んじる美男子武官

    前漢の弓の名手・李広(りこう)に由来する綽名を持つ美男子。宋江とは昔馴染みで、清風山寨(せいふうさんさい)の都監・劉高(りゅうこう)の妻の妄言で捕われた彼の窮地を救い、その後、秦明(しんめい)らと共に梁山泊へ加わる。空飛ぶ鳥を正確に射抜くほどの弓の腕前を持ち、さらに槍や計略にも秀で、参加した戦いでは無敗を誇る。宋江に負けず、平和を重んじ義に篤い男である。

    チャン・ディ

    1981年12月20日生まれ。中国の俳優。テレビドラマ『封神英雄』('15)などに出演。

  • 史進(ししん)

    綽名:九紋竜(くもんりゅう)

    九つの竜の刺青に十八の武芸!義の心に溢れる、熱き暴れ者

    華陰県(かいんけん)史家村(しかそん)の富農の子。九匹の竜の入れ墨を持ち“九紋竜”と呼ばれ、禁軍教頭の王進(おうしん)に武芸十八般の奥義を授けられた。少華山(しょうかざん)の山賊・朱武(しゅぶ)らと親交があり、紆余曲折の末、山賊の首領となるが、華州(かしゅう)太守を殺そうとして逆に捕まり、渭州で知り合った魯智深のつてで梁山泊に救われる。義侠心溢れる熱血漢だが、度々失敗することも。

    ハン・ドン

    1980年11月11日生まれ。中国の俳優。『封神演義』('06)などに出演。

  • 高俅(こうきゅう)

    私利私欲のために好漢を陥れ民衆を苦しめる悪の絶対権力者

    北宋の殿帥府太尉(でんすいふたいい)。無頼漢の遊び人だったが、偶然、端王(即位前の徽宗)に蹴鞠の技を披露する機会を得、その技に惚れ込んだ端王に仕える。微宗即位後は太尉に上り詰め、権勢を欲しいままにする。親族の高廉(こうれん)、高衙内(こうがない)らとともに私利私欲の限りを尽くす悪臣。王進を失脚させ、さらに林冲を陥れ、夫人との別離のきっかけを生んだ張本人だ。

    レイ・チーホン

    1959年12月19日生まれ。香港の俳優。 『男たちの挽歌 』('86)などに出演。

  • ■ Staff

    監督 ジュ・ジャオリァン

    香港生まれ。1977年に香港・無線電影(TVB)俳優訓練所へ入所。アンディ・ラウ主演の『神雕侠侶』(’83)、『射雕英雄伝』(’83)、トニー・レオン主演の『鹿鼎記』(’84)など金庸原作の武侠ドラマを手がけ、80年代TVBドラマの黄金期を支えた。TVBより独立後は台湾でも活躍。90年代前半より中国大陸へ進出し。リー・ヤーホン主演の『射雕英雄伝』(’02)、フー・ジュン主演の『天龍八部』(’03)などヒット番組を生み出している。

    音楽 シエ・ジーヨン

    武漢生まれ。武漢音楽学院で二胡を学び、武漢説唱団を経て武漢歌舞劇院に所属する。84年に武漢音楽学院へ戻り、作曲を学ぶ。90年代前半からテレビドラマの音楽を手がけはじめ、これまでの代表作に『秦始皇』、『非常72小時』、『情断上海灘』、『宝蓮灯』などがある。また、『為奴隷的母親』では、フランスのランス国際テレビ祭で最優秀作曲賞を受賞している。

CHART

  • #1~#21
  • #22~#51
相関図
相関図