旅人の足跡

2019年11月9日OA

【熊本県 南阿蘇村 旅人:ヨネスケ】

 今回はヨネスケさんが熊本県 南阿蘇村をぶらり。ヨネスケさんは2016年の熊本地震のあと被災した南阿蘇村を訪れ、今回で3度目の訪問になります。最初にやってきたのは6月にオープンしたばかり、コンテナのお店が集まるショッピングモール。ここには地元の特産品などを販売する多くのコンテナショップや動物とふれあえる広場があり、多くの人が訪れる人気のスポットとなっています。眺めも良く、ヨネスケさんはコーヒーをいただきながらゆったり楽しいひと時を過ごしました。

 続いて通り沿いにたこ焼き屋さんを発見!お店を営む若いご夫婦はもともと神奈川県と石川県の出身。海外の語学学校で出会い、自然豊かな南阿蘇村に移住してきました。地震後に新しい仕事を考えていたご主人は、地元の方からのリクエストもありたこ焼き屋さんを始めたそう。地元の方々にたくさん試食してもらい完成した自慢のたこ焼きを熱々でいただき、大満足のヨネスケさんでした。

 最後は2016年、2017年とヨネスケさんが震災後に続けて訪れた温泉へ。熊本地震と後日の大雨による土砂崩れで多くの建物が被害にあい、以前伺った際はまだ温泉に入ることもできませんでした。しかし家族全員でこの3年間頑張った甲斐もあり、今年の4月には湧き出る源泉にそのまま入れる名物温泉「すずめの湯」がついに復活。今年中には見晴らしのいい新しい温泉も完成予定で、さらに多くの人が楽しめる温泉へと復活します。ヨネスケさんもさっそく温泉に入り体を癒したのでした。
震災後も復興に向けてたくましく明るく過ごす南阿蘇の人々。今回の旅でヨネスケさんもたくさんの元気をもらいました。

訪問先のご案内