ぐっ!ジョブ!

過去の放送

    • イメージ写真
    • イメージ写真
    • イメージ写真
    • イメージ写真
    • イメージ写真
    • イメージ写真
  • 2022年3月12日

    サーモン養殖に特産品づくり!?
    九電の地域連携事業、その狙いとは?

    今回のぐっ!ジョブは、電力大手・九州電力の地域と連携した取り組みに注目する。サーモンの養殖にビッグサイズのイチゴ、もなか菓子、寿司など、九州各地の特産品を活かして伸ばす“畑違いのビジネス”。雇用創出や持続可能なにぎわい作りを射程に入れた、九電の新たなプロジェクトを追った。

    現在停止中の豊前市の石油火力発電所。その敷地内で始まったのがサーモンの陸上養殖だ。去年10月、九電は水産会社など数社と合同会社「フィッシュファームみらい」を立ち上げ、年間300トンの生産を目指している。品種改良したサーモンは、わずか3カ月で重さ1kgから3kgに急成長し、食感もプリプリ!安心安全な国産サーモンとして全国展開する予定だ。福岡県朝倉市では九電がイチゴ栽培の実証実験を開始!電化とIoTで最適化した栽培環境のもと、ビッグサイズのイチゴを生産。近隣の道の駅でも週に200パックを売る繁盛ぶりで、将来的にはこのノウハウを地元農家にも普及させたいという。

    いっぽう、過疎や高齢化に悩む地域の団体とタッグを組み、新たなビジネス創出も。長崎県東彼杵町では、名産品のお茶を使ったもなかやクジラを模した焼き菓子を開発。移動販売車や交流拠点も新たに設けた。福岡県新宮町相島では、漁師が一本釣りした魚で、棒寿司を開発。島の女性たちの雇用を生むと同時に、新名物で人を呼び込もうという狙いだ。

    【取材企業(団体)】

    ■九州電力
    [住] 福岡県福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号
    [電] 092-761-3031
    [HP] https://www.kyuden.co.jp/

    ■フィッシュファームみらい
    [住] 福岡県豊前市八屋(豊前発電所内)
    [HP] https://ffmirai.com/

    ■東彼杵ひとこともの公社
    [住] 長崎県東彼杵郡東彼杵町瀬戸郷1303-1
    [電] 0957-20-1883
    [HP] https://kujiranohige.com/

    ■相島地域活性化協議会
    [住] 福岡県糟屋郡新宮町緑ヶ浜1-1-1(新宮町役場内)
    [電] 092-962-0238
    [HP] http://aino-shima.net/

  • GYAO!ストア 過去の放送から選りすぐりの作品を配信中
    • 番組公式 FACEBOOK
    • 番組公式 TWITTER