2020年10月30日(金)第33話 縁談の波紋

純妃は傅恒を呼び出し、彼が長年身に着けてきた房に隠された秘密を告げる。ついに昏睡状態から目覚めた皇后は、傅恒に爾晴との縁談を思い直すように諭す。だが、傅恒の決意は固い。皇后は乾隆帝にも縁談の撤回を懇願するが…。


2020年10月29日(木)第32話 卑怯な提案

傅恒に縁談を断られた爾晴は瓔珞への憎しみを募らせ、瓔珞が傅恒と会っている現場を乾隆帝に目撃させる。瓔珞の苦役を赦免しようと考えていた乾隆帝だが、2人のあいびきに激怒。そんな中、瓔珞に高貴妃を呪い殺した嫌疑が…。


2020年10月28日(水)第31話 皇帝の苦悩

明玉は傅恒に頼まれ、瓔珞が皇后の見舞いに来られるよう手配する。一方、後宮では意識の戻らない皇后に代わり、嫻妃が一切を取り仕切っていた。瓔珞は定期的に皇后を見舞っていたが、ある晩、乾隆帝に見つかってしまい…。


2020年10月27日(火)第30話 舞に散りて

高貴妃は皇太后の誕生日の演目に、溶鉄を撒いて火花を爆ぜさせる“万紫千紅”を準備していた。稽古場を訪れた乾隆帝と嫻妃にそれを披露する高貴妃だが、突然芸人たちから火花を浴びせられ、大やけどを負ってしまい…。


2020年10月26日(月)第29話 辣腕なる代行者

仕事で儲秀宮へ出向いた瓔珞は、高貴妃から屈辱的な暴行を受ける。一方、嫻妃は難民救援と皇后の回復祈願のため食糧の配給を提案し、皇太后からさらなる信頼を得る。しかし配給当日、偽の難民が押し寄せ大混乱となり…。



本文はここまでです。
本文を読み返す。ページトップへ戻る。上部メニューへ戻る。