TVQ九州放送

未来の主役 地球の子どもたち

7月26日(木)夜7時53分 愛知「フリースタイルフットボールの少年」
【内容】愛知県刈谷市に暮らす、小野隼平(しゅんぺい)君(11)は、「フリースタイルフットボール」の国内小学生チャンピォンだ。夢は"世界一"になること。「フリースタイルフットボール」とは、サッカーのリフティングのようにボールを操る競技。隼平君を指導するのは、父親の城司(じょうじ)さんだ。最近、弟の新汰(あらた)君が練習に加わった。早く兄のようなプレーヤーになりたいと思っているのだ。

7月19日(木)夜7時53分 沖縄「スタンドアップパドルボードの少年」
【内容】沖縄に暮らす田口 頼(らい)君(14)は、今夢中になっているマリンスポーツがある。それは、ボードの上に立って漕ぎながらタイムを競う「スタンドアップパドルボード」。通称SUP(サップ)と呼ばれるハワイ生まれのスポーツだ。SUPのガイドをしている父親の影響で、メキメキ腕をあげアメリカで開催された大会で総合優勝するまでになった。今回、慶良間諸島の座間味島で行われる世界ツアーに参戦した。

7月12日(木)夜8時55分 長崎「気象予報士を目指す少年」
【内容】長崎県諫早市に暮らす、秋山 大輝君(だいき 12歳)は、生まれつき骨がもろく折れやすい「骨(こつ)形成不全症」という難病の少年だ。幼少の頃は、くしゃみをしたり寝返りをうっただけでも骨折していた。今、大輝君は、電動車イスに出会ったことで、毎日の生活が大きく変わり、夢を持てるようになったという。それまでは、移動するにも他の人の助けが必要な車イスで、いつも空ばかり眺めていた。しかし、電動車イスになって、自力で移動することができるようになり経験も増えた。

7月5日(木)夜7時53分 大阪「パラリンピックを目指す少年」
【内容】東大阪市に暮らす、伊藤樹(いつき)君(12)は、小学3年の時、交通事故で脊髄を損傷下半身の自由を失った。一時はとても落ち込んだが、持ち前のチャレンジ精神でいろいろな「障がい者スポーツ」に挑戦、生きる希望を見出した。今は、車イスバスケット、スレッジスキー(ソリのようなものに乗って滑るスキー)、そして、パラアイスホッケーと、3つの競技に打ち込む。パラアイスホッケーは、パラリンピックの強化選手にも選ばれた。樹君の夢は「夏と冬のパラリンピックで金メダルを獲ること」。番組では、様々な「障がい者スポーツ」に挑戦する樹君を追った。

本文はここまでです。
本文を読み返す。ページトップへ戻る。上部メニューへ戻る。