TVQ九州放送

未来の主役 地球の子どもたち

6月25日(金)夜7時55分 神奈川「ウィンドサーフィンの少年」
 (BSテレビ東京 6月27日(日)午前11時55分〜)
【内容】逗子市に住む、橋本陸汰(はしもと りた)さん(17歳)は、オリンピックの正式種目である「ウィンドサーフィン」に打ち込んでいる。陸汰さんが得意とするのは、ウィンドサーフィンの中の「フリースタイル」という競技。去年、開催された全国大会で優勝し、プロの仲間入りを果たした。番組ではフリースタイル競技を広めようといろいろなことに取り組む陸汰さんを追った。

6月18日(金)夜7時55分 大阪「モデル少女」
【内容】大阪市に暮らす高校1年生の浦西真由子(うらにし まゆこ)さん(16歳)は、生まれつきの疾患である「ダウン症」だ。3年前から、知的障がい者を対象としたウォーキングスクールに通っている。今年、真由子さんは「モデル」として、あるファッション雑誌の表紙を飾ることになった。番組では、障がいがあるにもかかわらず、夢を追う真由子さんを紹介する。

6月11日(金)夜7時55分 埼玉「掃除部の少年」
【内容】川口市に住む安孫子 天(あびこ そら)さん(17歳)は日本でも珍しい部活動「掃除部」に入っている。掃除部は、学校内はもとより、地域の清掃活動も行っている。天さんが掃除部に入ったきっかけは部活動の説明会で活動内容に興味を持ったことから。番組では、合宿を行い、学校中を掃除する天さんの活動に密着した。

6月4日(金)夜7時55分 岐阜「剣詩舞少女」
【内容】大垣市に住む堀真悠子(ほり まゆこ)さん(15歳)は、8歳から「剣詩舞」に打ち込んでいる。「剣詩舞」とは漢詩や和歌に合わせて扇や剣を持って舞い、詩の世界を表現する日本の伝統芸能。2018年には全国剣詩舞コンクールで、優勝(幼年の部)を果たす。番組では、家族で剣詩舞に取り組む真悠子さんの一家を紹介する。

5月28日(金)夜7時55分 佐賀「新体操の少年」
【内容】佐賀市に暮らす樋口諒(ひぐち りょう)くん(12歳)は、日本発祥のスポーツ「男子新体操」に打ち込んでいる。日々、難易度の高い技に挑戦し、時間を見つけては、強豪チームの映像を見て、技を研究。演技構成はチームごとに全て覚えているという。そんな諒くんは、ほぼ毎日、実家の夕食の支度を手伝う「料理男子」でもある。はたして、諒君の夢とは・・・

5月21日(金)夜7時55分 静岡「流鏑馬少女」
【内容】御殿場市に住む、勝間田 有(かつまた ゆう)さん(14歳)は、馬上から弓を的に射る「流鏑馬(やぶさめ)」に取り組んでいる。流鏑馬は、1000年以上も昔から伝わる日本の伝統文化。有さんは、毎週、日曜日、御殿場市の自宅から往復3時間以上かけて鎌倉市にある流鏑馬の教場(練習場)に通う。番組では流鏑馬に打ち込む有さんを追った。

5月14日(金)夜7時55分 福岡「魚が大好きな少年」
【内容】福岡市に住む伊藤柚貴(いとう ゆずき)くん(12歳)は「釣って楽しく、食べても美味しい」と魚が大好きな少年だ。魚に関する知識も豊富で、本も出版する、まさに「魚博士」。魚を通じて、海の環境問題に関心を持った柚貴くんは、時間がある時には、海岸のゴミを拾う。「魚の魅力を伝えていきたい」と考える柚貴くんの活動を追った。

5月7日(金)夜7時55分 埼玉「フードドライブの少年」
 (BSテレビ東京 5月9日(日)午前11時55分〜)
【内容】埼玉県に住む宗像寿樹さん(むなかた としき)さん(15歳)は家庭で余った食品を集める「フードドライブ」という活動をしている。集まった食品は、生活協同組合を通じて、生活に困窮している人々の元へ届けられる。地元の自治会の方の協力もあって、昨年は1週間で約190キロもの食品を集めることが出来た。番組では、今年、地域の文化祭でフードドライブを行う寿樹さんに密着した。

4月30日(金)夜7時55分 神奈川「紙芝居の少女」
【内容】茅ヶ崎市に住む、小学3年生の若月優香(わかつき ゆうか)さん(8歳)は、手作りの紙芝居に打ち込んでいる。去年、開催された紙芝居のコンクールでは、そのストーリーの面白さが評価され入賞した。物語は「野菜嫌いの主人公・ハリネズミが野菜を食べることが出来るようになるまで」など、身近なところをヒントにしている。紙芝居に打ち込む優香さんを追った。

4月23日(金)夜7時55分 熊本「カーリングの少女」
【内容】熊本市に住む、川田亜依(かわた あい)さん(12歳)は、九州でただ一人の中学生のカーリング選手。カーリングを始めて、わずか3年で、オリンピック選手らが参加する日本選手権に出場するまでに。その成長を支えてきたのは、チームメイトである母親。練習場である地元のスケートリンクは氷に傷が多く、ストーンが滑りにくい。そこで、親子は室内で行う「ある練習方法」で腕を磨いている。その「ある練習方法」とは・・・

4月16日(金)夜7時55分 群馬「体操少年」
【内容】太田市に暮らす中学1年生の堀川倫太郎(ほりかわ りんたろう)くん(12歳)は体操競技でオリンピックのメダル獲得を目指している。去年、行われた全国ブロック選抜U-12の大会では、男子総合を含むつり輪、平行棒、あん馬の4部門で優勝した。しかし、約1ケ月前、平行棒の練習中に倒立を失敗して落下。腰にケガを負うが、痛みと戦いながらも練習を続けている。強い意志で体操を続ける倫太郎くんを追った。

4月9日(金)夜7時55分 福岡「ウエイトリフティングの少年」
【内容】福岡市にある能古島。人口1,000人にも満たない小さな島で、松原尊(まつばら たつと)さん(15歳)は、ウエイトリフティングに取り組んでいる。今年2月に行われたジュニアオリンピックでは自身のもつ中学生記録を2キロ更新して見事、日本一となった。尊さんは4人きょうだいの長男で、妹や弟の全員がウエイトリフティングを行っている。オリンピックでメダルを獲得を目指す尊さんの努力を支えるものとは・・・

4月2日(金)夜6時55分 神奈川「カートの少年」
【内容】横浜市に住む坂野太絃(さかの たいげん)くん(8歳)は、3歳から時速100キロで走るカートレースに取り組んでいる。4歳でカートレースにデビューし、その後、数々のレースでチャンピオンとなった。練習後には、どんなに疲れていても必ずカートの整備を行い自宅では、2時間、シュミレーターで世界中のレースコースでの練習を行う。番組では、過去に大ケガを負いながらも、その恐怖にも負けず、練習に取り組む太絃くんを紹介する。

3月25日(木)夜7時47分 岐阜「華道の少年」
【内容】岐阜市に住む、高校3年生の河出空(かわで そら)さん(18歳)は、華道に打ち込んでいる。母親の勧めで8歳から始めたが、小さい頃は、上手く花を生けることが出来ずに悔しくて泣いていたという。空さんの夢は人の心を豊かに出来る華道家になることだ。

3月18日(木)夜7時47分 佐賀「チアダンス少女」
【内容】佐賀市に暮らす中学2年生の飯盛千夏(いいもり ちなつ)さん(14歳)が取り組んでいるのはチアダンス。2019年の全国大会では、ダブルスで日本一となったが、当時のパートナーはチアダンスをやめ、千夏さんは一人になった。今、改めて、チアダンスに向き合い新しい目標へ踏み出した千夏さんを追った。

3月11日(木)夜7時53分 佐賀「映画監督の少年」
【内容】小城市に住む高校1年生の江口陽向(えぐち ひゅうが)さん(16歳)は、高校生の映画監督。小学4年生で映画を撮り始め、監督、脚本、撮影、編集までを全て一人でこなす。映画の舞台やストーリーは、故郷・佐賀にこだわり、多くの賞を受賞してきた。常に、新しいものに挑戦しながら、映画を製作する陽向さんを紹介する。

3月4日(木)夜7時53分 広島「ホッケー少女」
【内容】広島市に暮らす中学3年生の、宮本彩加(みやもと あやか)さん(15歳)が約10年にわたり取り組んでいるのが「フィールドホッケー」だ。5歳から始め、去年は15歳以下の女子日本代表にも選ばれた。彼女の原点は、部屋に貼られた「誓いの言葉」。「晴れの日は走る。3日続けてさぼったらホッケーをやめる」。今もこの言葉通りに走り込みを続けている。このコロナ禍で久しぶりの試合に臨む彩加さんを追った。

2月25日(木)夜7時53分 千葉「けん玉少年」
【内容】船橋市に住む、中島海斗(なかじま かいと)くん(13歳)は、2019年、けん玉の世界大会で、日本人として初のチャンピオンになった。今、アメリカでは「ストリートスポーツ」として「KENDAMA」の人気が高まっている。周囲からの大きな期待の中、けん玉に夢を賭ける海斗くんを追った。

2月18日(木)夜7時53分 大分「吟詠の少年」
【内容】大分市に住む、宿利壮平(しゅくり そうへい)くん(13歳)は、吟詠の全国大会(2019年)で日本一になった。壮平くんが一番大切にしているのは「作者の気持ちをどれだけ表現することが出来るか」。自分なりに詩の意味を調べ、トップレベルの吟詠を毎日聞いている。夢は「吟詠を世界に広めること」だ。

2月11日(木)夜7時53分 神奈川「消しゴムはんこ少年」
【内容】横浜市に暮らす、山田歓多さん(やまだ かんた)さん(16歳)の特技は「消しゴムはんこ」。小学校5年生から始めて、2019年にはコンテストで、金賞(最年少)を受賞。これまで作った作品は500を超え、「浮世絵」までも彫る。消しゴムはんこは、人とのコミュニケーションが苦手だった歓多さんの人生を大きく変え、友達もつないだ。番組では、消しゴムはんこに打ち込む、歓多さんを紹介する。

2月4日(木)夜7時53分 島根「活弁士の少年」
【内容】飯南町に住む小学6年生の澤田煌明(さわだ こうめい)くん(12歳)は「活弁士」こと「活動写真弁士」として活動をしている。活弁士とは、音のない「無声映画」にセリフをつけ、状況を説明する解説者のこと。活弁には基本、台本があるが、煌明くんは全てアドリブ。アドリブを入れることで、今の時代にも映画の面白さが伝わるようにしている。このコロナ禍の中、活弁でみんなを元気にしたいと思っている煌明くんの活動を追った。

1月28日(木)夜7時53分 佐賀「相撲少年」
【内容】武雄市に住む、井手捺貴(いで なつき)くん(12歳)は、地元の相撲クラブで、保育園の時から相撲に取り組んでいる。去年の県大会では、見事、個人優勝。監督も「全国でベスト8までいける逸材だ」と期待を寄せる。毎日、往復4キロの通学路も足腰を鍛えるトレーニングの場と考える捺貴くん。冬場の稽古の様子を追った。

1月21日(木)夜7時53分 長野「農業少年」
 (BSテレビ東京 1月24日(日)午前11時55分〜)
【内容】安曇野市に暮らす、飯沼永遠(いいぬま とわ)くん(10歳)は小学生ながら「農業」に取り組んでいる。自分の畑で収穫した野菜は、登校前に、地元の直売所へ出荷。お客さんからも「新鮮でおいしい」と評判だ。番組では「農業」に夢をかける永遠くんを紹介する。

1月14日(木)夜7時53分 群馬「盆栽少女」
【内容】高崎市に住む、清水ちえり(しみず)さん(13歳)は盆栽に取り組んでいる。2019年には国風盆栽展で最年少入選を果たし、今は、平均年齢70歳という盆栽教室に通いながらその技術を磨いている。番組では、盆栽を始めたことで「自然や環境に対する意識が変わった」というちえりさんを追った。

1月7日(木)夜7時53分 特集「子どもたちの20年」
【内容】2001年11月から始まった「未来の主役」。今回で放送開始から20年、1000回を迎える。番組では、これまで1000人を超える世界の子ども達の「夢」を紹介してきた。番組が伝え続けてきたのは、世界の子どもたちの現状や学ぶこと、働くこと、そして、家族について。いつの時代も、子どもたちの夢が明日を切り拓き、家族の幸せが、少年少女の生きるチカラとなる。番組ではこれからも「未来の主役」を追い続けていく。

12月30日(水)夕方5時50分 東京「コントーション少女」
【内容】足立区に住む森美空(もり みそら)さん(13歳)は「コントーション」に取り組んでいる。コントーションとは、身体を自由自在に折り曲げて、曲線美を表現するモンゴルの伝統芸能。もともとは、ポールダンスを習っていた美空さんだが、柔軟技を増やすために9歳の時からコントーションを始めた。今、国内では美空さんしか出来ない「技」に磨きをかけていた。その技とは・・・

12月24日(木)夜9時54分 兵庫「デザイナー少女」
【内容】姫路市に暮らす、松本新菜(まつもと にいな)さん(14歳)は、デザイナーであり画家でもある。小学生の時から、有名衣料メーカーのTシャツやシューズなどをデサイン。企業ロゴも数多く手掛け、当時、天才少女として注目された。しかし、その後、新菜さんは不登校となり、大好きだった絵も描かなくなった。今、中学生となり、新しい一歩を踏み出そうとする新菜さんを追った。

12月17日(木)夜7時53分 長野「戦隊ヒーロー少女」
【内容】飯田市に暮らす、宮澤歩夢(みやざわ あゆむ)さん(17歳)は、高校生が演じる「戦隊ヒーロー:テックレンジャー」の一員だ。10年前から始まった戦隊ヒーローショー。今では、地元でもすっかり知られた存在となっている。歩夢さんは、子どもたちと触れ合うことで、戦隊ヒーローショーに対する考え方が変化したという。コロナ禍の中でも、ショーの再開に向けて準備を続ける歩夢さんを追った。

12月10日(木)夜7時53分 愛知「モデル&ボクサー少女」
【内容】豊橋市に住む、二宮(にのみや)まやさん(13歳)はモデルで、ボクサーでもある。まやさんがモデルを始めたのは5歳の時、現在はカタログなどを中心にモデル活動を行っている。また、ジムに通っていた父親の影響で、小学校4年の時にボクシングを始め、6年生で、アンダージュニアのチャンピオンに輝いた。番組ではモデルとボクサーのニ刀流に挑戦するまやさんに密着した。

12月3日(木)夜7時47分 福岡「飛行機が大好きな少年」
 (BSテレビ東京 12月6日(日)午前11時55分〜)
【内容】福岡市に住む牛島優晴(うしじま ゆうせい)くん(12歳)は飛行機が大好き。4歳の時、テレビドラマがきっかけで飛行機にはまり、その後、専門書を読み漁って飛行機に詳しくなったという。その知識は大人顔負け。今では、胴体や翼の特徴を捉えたオリジナルの立体紙飛行機を製作し、これまで作った飛行機は400を超える。自宅では「空港」を再現し、自らが管制官となり、模型の飛行機を誘導していく。そんな優晴くんの夢とは?

11月26日(木)夜7時53分 福岡「歌手を目指す少女」
 (BSテレビ東京 11月29日(日)午前11時55分〜)
【内容】柳川市に暮らす、小学2年生の椛島真矢(かばしま まや)ちゃん(8歳)。「授業中以外はずっと歌っている」というほど、歌が大好き。歌は、まさに、真矢ちゃんにとって人生の一部なのだ。今年、真矢ちゃんは、自分の歌をユーチューブに上げることを決心した。果たして、その理由とは? 番組では、真矢ちゃん歌の収録までを追った。

11月19日(木)夜7時53分 長野「仏像をつくる少年」
【内容】長野市に暮らす、高校2年生の宮沢汰佳(みやざわ たいが)さん(17歳)が5歳の時から取り組んでいるのが「仏像づくり」。子どもたちがアニメや特撮のヒーローに憧れるように汰佳さんは仏像に魅せられ、これまで製作した仏像の数は300を超える。今年2月、新型コロナウィルスの終息を願い個展を開いた。「これからも人の祈りを受け止める仏像を作っていきたい」(汰佳さん)

11月12日(木)夜7時53分 東京「アルティメットの少女」
【内容】福生市に住む、高校3年生の倉鹿野 南鼓音さん(くらかの なこと)さん(18歳)は「アルティメット」に取り組んでいる。アルティメットは、フライングディスクを使用したアメリカ発祥の新しいスポーツ。今年、世界大会が開かれる予定だったが、新型コロナウィルスの影響で大会は中止に。番組では、コロナ禍の中でもアルティメットにかける南鼓音さんに密着した。

11月5日(木)夜7時53分 愛知「古墳王子」
【内容】名古屋市に住む、古墳王子こと「飯田怜大(いいだ れお」さん(12歳)。これまで、全国の古墳1200基以上を訪れた古墳が大好きな少年だ。「古墳の魅力をみんなに知ってほしい」と、毎日、SNSで古墳情報を発信している。また、「現代に古墳を造ったらいくら位かかるのか?」。独自に計算してカタログまで作った。そして、最近、乗馬も始めた。これも古墳に大きく関係があるという。果たして乗馬と古墳の関わりとは?

10月29日(木)夜7時53分 宮崎「英語が大好きな少女」
【内容】宮崎市に暮らす、東野虹恵(ひがしの こあ)ちゃん(7歳)は、英語が大好き。生後3ケ月で英語に接し、DVDなど、いつも身近に英語がある環境で育った。去年、6歳で英検3級に合格。さらに、英語の朗読コンテストで、約2000名もの応募者の中から最年少で、年間優秀賞(2019年度)に選ばれた。今、虹恵ちゃんには、ある夢が生まれた。その夢とは・・・

10月22日(木)夜7時53分 山梨「伝書鳩の少年」
 (BSテレビ東京 10月25日(日)午前11時55分〜)
【内容】南アルプス市に暮らす、中嶌健さん(なかじま けん)さん(17歳)は、伝書鳩を育てている。鳩のレースをやっていた父親の影響で、物心がついた頃には、鳩がいつも身近にいた。熊本地震(2016年)をきっかけに「鳩を通信手段として利用できないか?」と考えるようになり、帰還率の研究を開始。その研究内容が注目され、総務省の支援を受けるまでになった。番組では伝書鳩に夢をかける健さんに密着した。

10月15日(木)夜7時53分 神奈川「腹話術の少女」
【内容】横浜市に住む中尾みゆうさん(16歳)は高校生の腹話術師だ。小学校3年の時、祖父と一緒に観た腹話術の虜になり、腹話術を習い始めた。半年後には、人前で披露するようになり、老人ホームや震災の慰問(福島県)など、様々な場所で公演を行ってきた。今年4月、ニューヨークで開催予定だった「原水爆禁止世界大会」に、腹話術で参加するはずだったが、新型コロナウィルスの影響で中止になった。そんな状況下でも前を向き、新しい活動を始めようとするみゆうさんを追った。

10月8日(木)夜7時53分 兵庫「包丁を研ぐ少年」
【内容】神戸市に暮らす、河本陽向(かわもと ひなた)くん(12歳)が、取り組んでいるのが「包丁研ぎ」。きっかけは、母親の包丁を研いだ時、感謝されて「もっと研ぎたい」と思うようになった。SNSを使って発信すると、全国から依頼が殺到。感謝の言葉も大きな力となり、1000本を目標とすることに決め今は「出張ボランティア」も始めた。みんなの笑顔。それが、陽向くんの原動力だ。

10月1日(木)夜7時49分 福岡「ゴルフ少女」
 (BSテレビ東京 10月4日(日)午前11時55分〜)
【内容】福岡市に住む、中学2年生の左奈々(ひだり なな)さん(14歳)は、九州の女子アマチュアゴルフ選手の中でも期待の星だ。7歳で初めてコースに出て、小学3年生で全国優勝を成し遂げた。「クラブを握らない日はない」(奈々さん)と、毎日、練習に励む。そして、九州の女子アマ選手のトップをかけた大会に出場した奈々さん。果たして、結果は・・・

9月24日(木)夜7時43分 福島「パルクールの少年」
 (BSテレビ東京 9月20日(日)午前11時55分〜)
【内容】須賀川市に住む佐藤嵐士(さとう あらし)くん(6歳)は「パルクール」に夢中だ。「パルクール」とは、走りながら障害物を登ったり、飛び越えていくストリートスポーツで、フランスの軍事トレーニングが発祥とされている。嵐士くんは4歳から始め、父親による独自のトレーニング方法で、日々、心身を鍛えている。6歳にして「バク転」をこなし、最年少で大会に出場するなど、パルクールにかける嵐士くんの日常を紹介する。

9月17日(木)夜8時49分 埼玉「インド舞踊の少女」
【内容】埼玉県に住む富安(とみやす)カナメさん(12歳)は、インドの古典舞踊 「バラタナティヤム」に取り組んでいる。「バラタナティヤム」を始めたのはインドに住んでいた4歳の頃。11歳でインドでプロの登竜門と呼ばれる公演を成功させ、晴れて師匠からの独り立ちを許された。番組ではカナメさんの「バラタナティヤム」に対する思いや、コロナ禍の中で様々な努力を続けるカナメさんに密着した。

9月10日(木)夜7時53分 福岡「水族館の少年」
 (BSテレビ東京 9月13日(日)午前11時55分〜)
【内容】柳川市にある「やながわ有明海水族館」。この小さな水族館の副館長をしているのが高校1年生の亀井裕介(かめい ゆうすけ)さん(15歳)。小さい頃から、よく水族館に遊びに来ていた裕介さんに水族館のオーナーが副館長を依頼した。番組では、訪れるお客さんたちに自然や生き物の魅力や面白さを伝えようとしている裕介さんを紹介する。

9月3日(木)夜7時53分 静岡「フープダンスの少女」
【内容】三島市に暮らす長澤貴彩(ながさわ きさ)さん(12歳)は、フープダンスに力を注いでいる。フープダンスとは、フラフープとダンスを組み合わせ、音楽に合わせて踊るアメリカ発祥のダンス。貴彩さんは6歳でフープダンスを始め、これまで全国大会で3連覇を達成した。まだ、教える教室も少ないため、オンラインで指導を受けている。10月に開催予定の大会に向け、練習に励む貴彩さんを追った。

8月27日(木)夜7時53分 福岡「あの子どもたちは今〜
 フライボードの少年」
【内容】2018年、番組では福岡市に暮らす「フライボード」の国内チャンピオンだった城賀本裕志(じょがもと ゆうし)くん(当時11歳)を紹介した。「フライボード」とは、水上バイクの排水口と靴の型をした装置をホースでつないで高圧の海水を噴射し、空中で演技を競うマリンポーツの一種。裕志くんは、その後も国内外の大会に出場しながら、着実に腕を磨いていた。番組では、フライボードでCM撮影に参加する裕志くんを追った。

8月20日(木)夜8時49分 神奈川「社交ダンス兄妹」
【内容】相模原市に住む兄・ホワイトン謙心(けんしん)くん(14歳)と、妹・夏奈実(かなみ)さん(13歳)の兄妹は、社交ダンスの世界チャンピオン。二人は技術や芸術性を競う「競技ダンス」と呼ばれるカテゴリーで、兄妹のペアは珍しい。去年、開かれた世界大会では、スタンダードとラテンの2部門で見事1位に輝く。新型コロナウィルスの影響で次の大会も未定の中、同じ夢に向かって日々、努力を続けるホワイトン兄妹を紹介する。

8月13日(木)夜7時53分 福岡「歴史が好きな少年」
【内容】朝倉市の高校に通う中原透也(なかはら とうや)さん(16歳)は高校の「史学部」に所属、地域の歴史を掘り起こす研究を行っている。今年、史学部の調査がきっかけとなり、これまで、地図に載っていなかった「石橋」が記載されることになった。そして、調査が進む中、石橋は、全国に数基しかない珍しい建築方法と判明。その研究成果は10月に発表される予定だ。部活動を通し、自然環境や文化財に興味を持った透也くんの活動を追った。

8月6日(木)夜7時47分 福岡「切り絵少年」
【内容】筑後市に暮らす小学3年生の小宮大雅(こみや たいが)くん(9歳)。その小さな手から生み出されるのは昆虫の「切り絵」。下書きはせず、そのまま切り進めていく。母親から習ったのをきっかけに、4歳から「切り絵」に取り組むようになった。細かい部分まで表現した昆虫は今にも動き出しそうな雰囲気。ある日、大雅くんは大好きな曾祖父と曾祖母にプレゼントをすることに。その出来上がったプレゼントとは・・・

7月30日(木)夜7時53分 東京「ピアノ連弾兄弟」
 (BSテレビ東京 8月2日(日)午前11時55分〜)
【内容】東京都江東区に住む山下順一朗(やました じゅんいちろう)さん(13歳)と宗一郎(そういちろう)さん(13歳)は双子の兄弟でピアノの連弾に取り組んでいる。4歳の時に母親の勧めでピアノを始め、これまで数々の大会で入賞してきた。二人のピアノの音色がもたらす癒しや希望。そんな二人の演奏を誰よりも楽しみにしている人がいた・・・番組では山下兄弟の日常に密着した。

7月23日(木)夜7時47分 広島「鉄道模型の少年」
【内容】広島市に暮らす高校2年生の岡野颯太(おかの そうた)さん(17歳)は鉄道研究部の部長だ。部の活動は「鉄道模型のジオラマ」を作ること。颯太さんが得意とするのは自然の岩や木を作ることで「実際に存在するものよりもリアルに作るのがポイント」だと言う。去年、開催された全国高校鉄道模型コンテストで最優秀賞を受賞。世界的な評価も得た。コンテストでは、リアリティだけではなく時間帯や物語性も評価の対象となる。颯太さんが目指す、次の作品とは・・・

7月16日(木)夜7時53分 福岡「バトン姉妹」
【内容】福岡市に暮らす松尾安珠(まつお あんじゅ)さん(16歳)と瑚子(ここ)さん(12歳)の姉妹が一緒に取り組んでいるのが「バトントワーリング」。姉の安珠さんは去年の世界大会で優勝を果たし、妹の瑚子さんも去年の全国大会でチャンピオンになった。母親もバトンの経験者で世界大会で優勝したこともある。母の思いを受け継ぎ、一緒に夢を追う姉妹を紹介する。

7月9日(木)夜7時53分 広島「ボウリング少年」
【内容】広島市に住む高橋洸正(たかはし こうせい)くん(10歳)が5歳の時から打ち込んでいるのがボウリング。去年、初めて出場した大会で、なんと全国チャンピオンになった。洸正くんの投げ方はいわゆる「両手投げ」。「両手だと回転がついてストライクが出やすくなる」という。1回の練習で10ゲーム以上を行い、アベレージは約170。自宅でもゴムのボールを用い、毎日の練習は欠かさないという。

7月2日(木)夜7時53分 山口「あの子どもたちは今〜
 猫を保護する少女」
【内容】去年、番組では猫の命をつなぐ「保護猫シェルター」を設立した、手島姫萌(てしま ひめも)さん(当時11歳)を紹介した。保護された猫は「里親」のもとへ引き渡されるのだ。その後、姫萌さんは「猫庭物語」を出版し、命の大切さを訴えた。さらに、「新型コロナウィルス」の影響で、猫の譲渡会が相次いで中止となる中、YouTubeチャンネルを立ち上げ、番組で里親募集を行っている。

本文はここまでです。
本文を読み返す。ページトップへ戻る。上部メニューへ戻る。