「食べて応援!バリうまグルメ」トマト農家の「トマトジャム」

2021/03/15 (月) 17:00

【スタジオ】
●立花麻理アナウンサー
続いては食べて応援「バリうまグルメ」のコーナーです。今回ご紹介するのは、中間市のトマト農家が運営するカフェ「とまと屋」もっと多くの人にトマトを楽しんでもらいたい、そんな思いから生まれた一品です。

【VTR】
それがこちら!真っ赤な色が鮮やかな「トマトジャム」です。

●とまと屋 日高和敏さん
「トマトを生産する中で規格外といって割れたトマトとか真っ赤になりすぎたトマトとか使って何かできないかなという考えからジャムを作ってみようと」

ジャムの材料はシンプルにトマトと砂糖。それを丁寧にあくをとりながら3時間ほど煮込んでできあがり。美味しさの決め手は日高さんの作るトマトです!

●とまと屋 日高和敏さん
「青果としてトマトを作る段階から手をかけて病気にならないかとか肥料は足りてるかとか考えながら作っているんでしっかりトマトの味が感じられるジャムに仕上がっていると思う」

コクと旨味が凝縮された「トマトジャム」味の虜になったリピーターは数知れず、人気の商品です。

●とまと屋 日高和敏さん
「食べた最初の一口目はイチゴのような甘み。後から鼻を抜ける風味というのがトマト」

日高さんオススメはパンにたっぷりジャムをのせて食べること!

【スタジオ】
●立花麻理アナウンサー
ということで木戸さん、そして本日は堤さんもトマトジャムを乗せたパン、用意しました。お味はどうでしょうか?

●木戸優雅アナウンサー
イチゴジャムの様な甘さでおいしい!見た目もイチゴジャムみたい!

●立花麻理アナウンサー
色鮮やかで確かに!堤さんはいかがですか?

●日経新聞西部支社 堤和彦 編集部長
うん、これはおいしいですね。私トマト好きなんですか、おいしい!

●立花麻理アナウンサー
「トマトジャム」はアイスクリームやヨーグルトにトッピングして食べても美味しいそうですよ!

●木戸優雅アナウンサー
それは絶対おいしい!

●立花麻理アナウンサー
「トマトジャム」の取り寄せは電話で受け付けています。
店の詳しい情報は「とまと屋 中間市」で検索してください。以上、「食べて応援!バリうまグルメ」のコーナーでした。

この記事をシェア

最新のニュース

  • テレQ|ふくサテ!
  • テレQ投稿BOX
  • アナウンサーズ公式Twitterはこちら
  • テレビ東京|[WBS]ワールドビジネスサテライト